未分類

みなとみらい万葉倶楽部体験記・岩盤浴のクオリティの高さに感動!

横浜みなとみらい万葉倶楽部は、みなとみらい線のみなとみらい駅から徒歩5分という便利な場所にある本格的な温泉施設です。

こんなに便利な立地なのに、8階建ての広々とした館内は温泉旅館のような雰囲気で、都心にいながら熱海の温泉を訪れたような気分を味わえます。

熱海・湯河原から毎日タンクローリーで運ばれてくる天然温泉、横浜港に面した露天風呂、みなとみらいの絶景を見渡せる足湯庭、レストラン、Wi-Fi完備のインターネットスペース、宿泊施設等を備えた充実した施設で、一日中いても飽きないと評判です。

実際に訪れてみて一番感動したのは岩盤浴のクオリティの高さです。個人的には、横浜駅西口にあるSPA EAS (スパ イアス)の岩盤浴を超える満足度を感じました。

今回は横浜みなとみらい万葉倶楽部の天然温泉、岩盤浴、足湯、レストランでの食事など、実際に体験して感じたリアルな感想をご紹介します。

横浜駅から万葉倶楽部へのシャトルバス

万葉倶楽部は、みなとみらい駅から歩いて行くこともできますが、横浜駅西口からシャトルバスも運行しています。

シャトルバスの乗り場は、ジョイナス地下街の10番出口を出てすぐのりそな銀行の前です。

特にバス停が設置されているわけではありませんが、女性の二人組や男性がバスを待っているような雰囲気だったので、すぐにわかりました。

しばらく待っていると出発時刻の少し前に、ネコのイラストが描かれたかわいいバスが到着しました。

横浜駅から万葉倶楽部へ送迎するシャトルバス

市営バスよりは少し小さめですが、二人席と通路を挟んで一人席があり、わりとゆったりしています。

万葉倶楽部の入り口と受付

こちらが万葉倶楽部の入り口です。

入口から入って、左手のエレベーターで7階に上がるとフロントがあります。

フロントの入り口の横には消毒液が置いてありました。

万葉倶楽部は館内でのマスク着用やソーシャルディスタンス確保などの新型コロナウイルス感染対策を徹底していて、神奈川県の認定も受けているようです。

フロントで入館手続きをして、ロッカーのキーを受けとります。

スパイアスやスカイスパと同様に、館内のレストラン等での支払いは全てロッカーキーで管理されていて料金は後払いなので、受付時の支払いは不要です。

ロッカーキーは紛失しないよう、受け取ったらすぐに手首に付けることをおすすめします。

入り口で靴を脱ぎ、左手にあるシューズ用の手提げ袋に靴を入れて、ロッカーに持参します。

スカイスパやスパイアスと違って、シューズロッカーはありません。

万葉倶楽部の館内着

かわいい浴衣

靴を脱いで中に入ると、両側に館内着が置いてある棚があります。

女性用の浴衣は5種類くらいあり、浴衣以外に作務衣もあります。

ここで、好きな館内着を選んでロッカーに持参します。

浴衣を着るのが面倒という方は作務衣を選ぶとよいかもしれません。

私はせっかくの機会なので浴衣を選びました。

浴衣を着ると「温泉に来た!」という気分も盛り上がります。

岩盤浴専用着も!

万葉倶楽部には、浴衣の他に岩盤浴専用着が用意されています。

岩盤浴ではたくさん汗をかくので、専用のウエアがあるとありがたいですよね。

胸元にボタンが付いているので、寝転んでも胸がはだけることがなく安心です。

女性用の温泉とアメニティ

こちらは、女性用温泉の入り口です。この先に女性用のロッカーと温泉があります。

女性用ロッカーは迷子になりそうなくらい広いです。

ロッカー内には、ロッカーの全体図が貼られているので、ロッカーキーの番号と照らし合わせて、自分のロッカーを探しましょう。

タオルは使い放題!

万葉倶楽部では、温泉の入り口やロッカー内の棚にバスタオルとフェイスタオルが山積みになっている棚が複数設置されています。

そして、なんと、バスタオルもフェイスタオルも使い放題なんです!

何度も温泉や岩盤浴に入りたい方にとっては、とても嬉しいサービスですよね。

広々した内風呂と露天風呂

女性専用温泉の入り口を入ってすぐの場所には、アルカリイオン水のサーバーがあり、紙コップを使って自由に飲めるようになっています。

喉が乾いた時、いつでも自由に飲めるのでとても便利だなと思いました。

その少し奥左手に、シャワーキャップ、歯磨き、シェーバーが置いてあり、自由に使うことができます。

温泉の入り口を入ると、左手に洗い場、右手にアカスリコーナーとサウナがあります。

洗い場の棚には、アカスリ用タオルと肌が弱い人向けの柔らかめのタオルが山積みになっていて、こちらも自由に利用できます。

個々の洗い場スペースには、ポーラのシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーとクラシエのクレンジング洗顔料が設置されていました。

洗い場スペースの奥には広々とした内風呂があり、その内風呂に沿うように露天風呂があります。

露天風呂は4つあり、中でもおすすめなのは空を見ながらくつろげる寝湯です。

出典:横浜みなとみらい 万葉倶楽部公式サイト

ジェットバスの水流が肩甲骨周りを気持ちよくほぐしてくれます。

寝湯の温度は少し熱めですが、のぼせそうになったら、そばにある海が見渡せるベンチで一休み。

ナノクラでミストを浴びながらデトックス!

露天風呂の奥には、「ナノクラ」という1人用のカプセルのような形のお風呂が4つあります。

ナノクラ
出典:横浜みなとみらい 万葉倶楽部公式Twitter

カプセルの背中部分からナノレベルのミストが吹き出ていて、中に入ると、雲のような柔らかいミストに全身が包まれます。

お湯はお腹くらいまでで、半身浴しながらミストを浴びる感じです。

ミスト自体は熱くはないのですが、身体全体がポカポカと心地良く温まります。

しばらくすると顔や首から大量に汗が吹き出してきました。

発汗作用が高まって、デトックス効果が期待できるそう!

半身浴のお湯も熱くはないので、熱いお湯は苦手だけれど、身体を芯から温めたい方や、しっかり汗をかいてリフレッシュしたい方におすすめです。

ナノレベルのミストが、角質層に浸潤して肌の保湿作用を高めてくれる効果もあるそうです。 

アメニティも充実!

万葉倶楽部は、手ぶらで来ても全く困ることがないくらいアメニティが充実しています。

シャワーキャップ、歯ブラシ、シェーバーは温泉の入り口の中、アカスリタオルは洗い場、フェイスタオルやバスタオルは温泉入り口のすぐそばやロッカールームの各所など、使いたい時にすぐに手に取れる位置に配置してあるので、とても便利です。

洗面台にも、クレンジング、化粧水、乳液、スタイリングフォーム、ヘアウォーター、綿棒が完備されていて、ヘアブラシもすぐそばの棚に置いてあります。

ドライヤーはパナソニックのナノケアです。

万葉倶楽部の女性スタッフが、軽くて、風量がしっかりあって、髪や頭皮に優しいドライヤーとして、ナノケアを採用したそうです。

たしかに、軽くて快適に使えて、髪もサラサラになりました。

女性スタッフの細やかな配慮が嬉しいですね!

クオリティの高い岩盤浴

こちらは4階にある岩盤浴「心石庵」の入り口です。

入り口を進むと自動ドアがあり、リストバンドのバーコードをかざすと開く仕組みになっています。

中に入って左手にカウンターがあり、岩盤浴用のバスタオルとペットボトルを受け取ります。

ペットボトルは2種類の天然水と炭酸水の中から好きなものを選ぶことができます。私は、炭酸水を選びました。

万葉倶楽部はいくつかの部屋に分かれていて、それぞれのテーマに合わせて厳選された天然鉱石や岩塩が使用されているそうです。

橙(だいだい)朱(あか)玄(くろ)碧(あお)
主な効能発汗
血行改善
美肌
冷え性
発汗
細胞活性
細胞活性
美肌
主な鉱石黄土石
モンゴル岩塩
麦飯石
ゲルマニウム
トルマリン
ブラックシリカ
光窯石
ゲルマニウム
トルマリン
ヒスイ
床数6床14床14床6床

朱(あか)は女性専用ですが、それ以外は男女ともに利用できます。

私が特に気に入ったのは、橙(だいだい)です。

橙は壁に背もたれがあり、座って入るタイプの岩盤浴です。

座って入るタイプの岩盤浴は初めてでしたが、背もたれがあるので、とてもラクでした。

スマホを見ている人もいれば、顔にタオルを巻いている人もいました。

橙色の温かい灯りの暖炉がある室内は、甘くて優しいフローラル系の香りで満たされていました。

橙に使われている黄土石は、スポーツなどによる発汗の約4倍もコレステロールと脂肪分の排出に優れているそうなので、ダイエット中の方にもおすすめです。

たくさん汗をかいたあとは、クールダウン室・彩で、冷たい炭酸水を飲みながら休憩。

雑誌も置いてあるので、雑誌を読みながら、くつろぐこともできます。

メニューが豊富なお食事処

温泉や岩盤浴の合間にお腹がすいたら、広々としたお食事処で食事を楽しむこともできます。

お食事処のメニューは種類がとても豊富。

ビールなどの酒類やおつまみも充実しているので、「温泉の後はやっぱりビールでしょ!」という方も満足できると思います。

私は本当は海鮮丼が食べたかったのですが、ダイエット中なのでヘルシーなメニューを選びました。

こちらは万葉倶楽部の名物料理「にら卵」

ニラとは思えないほど甘くて、とてもおいしかったです。濃厚な卵の黄身とも相性抜群!

みなとみらいが一望できる展望足湯庭園

万葉倶楽部の屋上には、外周約50メートルにも及ぶ展望足湯庭園があります。

こちらは展望足湯庭園からの景色です。

曇りの夕方に撮影した写真なのでイマイチですが、晴れた夜ならベイブリッジのライトアップがキレイに見えると思います。

観覧車も目の前にあるので、夜はライトアップを楽しむことができます。

温泉や岩盤浴で身体の芯から温まった後、足湯しながら夜景を満喫できるなんて最高ですよね!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、みなとみらい駅から徒歩5分という便利な場所にありながら、温泉地に来たような気分を味わえる万葉倶楽部を訪問した感想をまとめてお伝えしました。

一人で自由気ままにゆっくりするのもおすすめですが、男女で楽しめる足湯、岩盤浴、食事処などの設備も充実しているので、カップルで訪れても楽しめると思います。

宿泊施設も完備されていて、朝食バイキングの豪華さ・美味しさに定評があるので、宿泊プランもおすすめです。

朝食バイキングには、イクラのせ放題、すき焼き、水炊きもあるそうです。

万葉倶楽部の公式サイトにはお得なクーポンなどの情報も掲載されているので、訪問前にはぜひチェックしてみてください。

チェック⇒万葉倶楽部公式サイトはこちら